2014年度研究会案内

日 時 : 2014年5月24日(土)・25日(日)
場 所 : 東海大学高輪キャンパス
       受  付    1号館
       共通論題/総会 2号館
       分 科 会   4号館
住 所 : 〒108-8619 東京都港区高輪2-3-23
電 話 : 03-3441-1171(代表)

 

 〇東海大学高輪キャンパス案内
 〇2014年度学会要項

第1日目 5月24日(土)

◆開会 9:20~9:30

◆研究会 9:30~12:00

共通論題 「行政の専門性と人材育成」
報告者

 藤田 由紀子(専修大学)
  「政策的助言・政策形成の専門性はどこまで定式化できるか?
   ――英国公務員制度改革におけるポリシー・プロフェッションの創設――」
 青木 栄一(東北大学)
  「教育行政の専門性と人材育成――信頼低下がもたらす制度改革――」
 合田 秀樹(人事院)
  「有為で多様な人材の確保・育成」
討論者:大山 耕輔(慶應義塾大学)
司会者:原田 久(立教大学)

◆昼食 12:00~13:00

◆総会 13:00~14:00 
 事業報告、各委員会報告、決算報告、次年度予算審議、その他

◆研究会 14:00~17:00

分科会A 「地方自治体の政策実施過程」
報告者

 荒見 玲子(東京大学)
  「ガバナンス時代の政策実施過程研究の可能性――要介護認定の実施過程の研究から――」
 松岡 京美(立命館大学)
  「行政行動の変容による行政実施の進展――阪神・淡路大震災の兵庫県と東日本大震災の宮城県での展開――」
 松岡 清志(行政情報システム研究所)
  「自治体の公共交通政策における政策移転と実施をめぐる考察
   ――乗合バス活性化とコミュニティバス・乗合タクシー導入を事例として――」
討論者:北山 俊哉(関西学院大学)
司会者:西岡 晋(金沢大学)

分科会B 「中央・地方関係の諸相」
報告者

 奥薗 淳二(海上保安大学校)
  「警察制度と地方自治制度の相克」
 久保 慶明(琉球大学)
  「中央・地方関係のなかの官民関係の変化と持続――団体調査データの分析を中心として――」
 林 昌宏(日本学術振興会特別研究員)
  「港湾整備事業をめぐる中央-地方政府間関係――地方分権的な制度の確立とその影響――」
討論者:村上 祐介(東京大学)
司会者:上川 龍之進(大阪大学)

◇日韓交流分科会
報告者

 尹 殷基(東亜大学校)
  “The Policy of Development Administration in Korea: Focused on the Role and Function of State and Market”
 朴 盛彬(亜洲大学校)
  「日本における政府と金融システムの関わりの変化に関する分析―― 金融行政と公的金融を中心に――」
 藤井 禎介(立命館大学)
  「日本の産業政策と政治経済――その過去・現在・未来――」
討論者:清水 直樹(高知短期大学)
司会者:南 京兌(京都大学)

◇「災害と科学技術」研究部会企画
部会長
 森田 朗(学習院大学)
  「部会における研究経過についての報告」
報告者
 鍵屋 一(板橋区役所)
  「自治体間連携による災害時の職員派遣のあり方について」
 佐々木 一如(明治大学)
  「エンドゲーム:危機はいかに終了するのか?」
 永田 尚三(関西大学)
  「わが国消防行政における垂直補完・水平補完及び共助体制の現状と課題」

2日目 525日(日)

◆研究会 9:30~12:00

共通論題 「比較都市政策」

報告者
 北村 亘(大阪大学)
  「政令指定都市の直面する課題と制度的対応――大阪市を中心として――」
 穴見 明(大東文化大学)
  「グローバル化の中の都市政策」
 若松 邦弘(東京外国語大学)
  「都市政策におけるアジェンダの錯綜――2000年前後のイギリスの状況から――」
討論者:大杉 覚(首都大学東京)
司会者:山崎 幹根(北海道大学)

◆昼食  12:00~13:00

◆研究会 13:00~16:00

分科会C 「地方自治の分析手法」

報告者
 稲垣 浩(北海学園大学)
  「組織と人事をめぐる府県行政の戦前と戦後――戦後地方制度の改革過程と府県行政の変容を素材として――」
 大谷 基道(名古屋商科大学)
  「道府県と中央省庁をつなぐインフォーマルなネットワーク――道府県東京事務所と省庁県人会の活動を中心に――」
 平野 淳一(新居浜工業高等専門学校)
  「首長の行財政改革――政策実施と再選可能性の両立――」
討論者:宗前 清貞(大阪薬科大学)
司会者:市川 喜崇(同志社大学)

分科会D 「改革のプロセスと帰結」

報告者
 棚橋 匡(公益法人後藤・安田記念東京都市研究所)
  「地方独立行政法人制度と地方独立行政法人化」
 西村 弥(明治大学)
  「『民営化』と政府関与の変容――regulationとdeliveryの観点から――」
討論者:秋吉 貴雄(中央大学)
司会者:手塚 洋輔(京都女子大学)

公募企画 「政府の統治構造と意思決定メカニズム」

報告者
 田中 秀明(明治大学)
  「政策立案を巡る政府と与党の調整――政府与党二元体制の検証――」
 中野 雅至(兵庫県立大学)
  「政官関係と意思決定システム」
 工藤 裕子(中央大学)
  「New Political Governance (NPG) における政策
   ――ポストNPM時代の政治的意思決定とガバナンス・モデル――」
討論者:平井 文三(亜細亜大学)
司会者:高安 健将(成蹊大学)

ポスターセッション 「行政研究のフロンティア」

報告者
 阿部 慶徳(早稲田大学大学院)
  「明治期の市参事会制度の運用とその実態」
 河合 晃一(早稲田大学大学院)
  「災害廃棄物処理をめぐる自治体の政策選択」
 小田 勇樹(慶應義塾大学)
  「イギリス上級公務員における中途採用者の運用実態――事例研究を通じた開放型モデルの再検討――」
 加納 知行(慶應義塾大学)
  「行政文書の内容分析による自治体都市計画行政の現状」
 清水 直樹(高知短期大学)
  「市町村合併は自民党の得票力を低下させたのか:傾向スコア分析による検討」
 白取 耕一郎(東京大学大学院)
  「地方自治における非合理的な政策イノベーション
   ――行政職員はいかにして集合行為の先送り問題を克服するか――」
 寺迫 剛(行政管理研究センター)
  「ドイツ連邦制における各州行政制度の多様性と日本における道州制論」
 林 嶺那(東京大学大学院)
  「東京都における能力・実績主義的人事管理の歴史的基礎」

開催関係者連絡先

理 事 長   縣 公一郎(早稲田大学)
       〒169-8050 
       東京都新宿区西早稲田1-6-1
       早稲田大学政治経済学学術院
       電話 03-3203-4141(総合案内)

学会事務局  風間 規男(同志社大学)
(学会全般) 〒602-0047
       京都市上京区新町通今出川上る近衛殿表町
       渓水館211号 風間規男研究室内
       電話 075-251-3486(研究室)
       電子メール jspa.doshisha■aol.jp(■を@に変換)

企画委員会  原田 久(立教大学)
(企画内容)  〒171-8501 
       東京都豊島区西池袋3-34-1立教大学法学部
       電話 03-3985-4688(研究室)
       電子メール haradahi■rikkyo.ac.jp(■を@に変換)

開催校事務局 岡本 三彦(東海大学)
(会場関係) 〒259-1292 
       神奈川県平塚市北金目4-1-1東海大学政治経済学部
       電話 0463-58-1211(代表)
       電子メール okamoto3■keyaki.cc.u-tokai.ac.jp(■を@に変換)

Copyright© 2013-2018 The Japanese Society for Public Administration. All Rights Reserved.