1990-1999年 総会・研究会

1990年度研究会・総会(5月26日・27日 中央大学)

■ 統一テーマ1 「行政学教育」

・西尾 勝(東京大学)「行政学講義の狙いと構成-教科書の考察を中心に-」
・水口憲人(大阪市立大学)「行政学の『制度化』と市民教育」
・司会者 村松岐夫(京都大学)
・コメンテーター 今里 滋(九州大学)、渡辺保男(国際基督教大学)

■ 分科会A 「政府間関係」

・村上芳夫(北九州大学)「アメリカの州における政府間関係-ノース・キャロライナの政府協議会(COG)」
・小池 治(行政管理研究センター)「アメリカの政府間関係-政策過程分析からのアプローチ」
・司会者 坂本 勝(近畿大学)

■ 分科会B 「外国の広域行政」

・牧田義輝(東海大学)「アメリカの二つの大都市圏協議会構成-地方政府主任行政官に対する調査報告」
・西村 茂(金沢大学)「フランスにおける広域行政制度の定着と変化」
・司会者 宇都宮深志(東海大学)

■ 統一テーマ2 「政策過程と中央官庁」

・真渕 勝(大阪大学)「金融行政における脱規制と再規制」
・久米郁男(神戸大学)「行政機関の自律性-労働時間規制行政を手がかりに」
・大山耕輔(筑波大学)「日本の政府と市場-産業政策過程と通産省」
・司会者 橋本信之(関西学院大学)
・コメンテーター 大森 彌(東京大学)、水谷三公(東京都立大学)

■ 分科会C 「地方レベルの政策論」

・遠藤文夫(東海大学)「地方自治体における基本的政策形成手続の動向」
・佐々木信夫(聖学院大学)「政策自治体の課題と政策形成」
・司会者 小林弘和(専修大学)

■ 分科会D 「政策実施過程」

・真山達志(茨城大学)「政策実施過程-その分析視角と意義」
・畠山弘文(明治学院大学)「体制・統治・支配」
・司会者 森田 朗(千葉大学)

 

1991年度研究会・総会(5月18日・19日 東北福祉大学)

■ 統一テーマ1 「議院内閣制の政治と行政」

・山口二郎(北海道大学)「政治・行政のインターフェイスの諸相と政治制度」
・伊藤光利(名古屋市立大学)「議院内閣制における政治=行政関係の諸類型」
・前田英昭(駒澤大学)「議院内閣制における政治と行政―内閣の国会に対する責任と国会の統制手段」
・討論者 大嶽秀夫(東北大学)
・司会者 新藤宗幸(立教大学)

■ 分科会A 「自治体の計画総合計画を中心に」

・報告者 小林弘和(専修大学)、平石正美(地方自治協会)、新川達郎(東北学院大学)
・司会者 森田 朗(千葉大学)

■分科会B 「連邦主義と連邦制」

・岩崎美紀子(筑波大学)「連邦主義と連邦制―カナダ連邦制にみる連邦主義の理念」
・縣公一郎(早稲田大学)「ドイツの協調的連邦主義」
・司会者 水口憲人(大阪市立大学)

■ 統一テーマ2 「日本官僚制の歴史的構造」

・赤木須留喜(明治学院大学)「日本の行政」
・大島美津子(帝京大学)「明治前期の府県区域と府県行政組織」
・司会者 今村都南雄(中央大学)
・討論者 加藤一明(関西学院大学)、河中二講(山梨学院大学)

■ 分科会C 「日本の地方財政」

・田辺国昭(東北大学)「一九五〇年代における地方財政調整制度の構造と変容」
・沢井 勝(地方自治総合研究所)「制度確立期の地方財政」
・司会者 真渕 勝(大阪大学)

■ 分科会D 「政策過程の分析」

・佐藤克廣(北海学園大学)「政策過程とプログラム評価―アメリカ合衆国の動向」
・笠 京子(香川大学)「前決定過程と日本の地方政府―京都市の高速鉄道事業を事例として」
・司会者 橋本信之(関西学院大学)

 

1992年度研究会・総会(5月30日・31日 東京大学)

■ 共通テーマ1 「新保守主義下の行政(一)」

・新藤宗幸(立教大学)「公共性の分裂と日本官僚制」
・村松岐夫(京都大学)「一九八〇年代の行政と行政改革」
・司会者 今村都南雄(中央大学)
・討論者 大森 彌(東京大学)、田口富久治(名古屋大学)

■ 分科会A 「行政の統制」

・今川 晃(四日市大学)「行政統制制度における対市民応答の意味」
・山谷清志(広島修道大学)「行政統制の理論:もう一つのアプローチ」
・司会者 森田 朗(千葉大学)

■ 分科会B 「公共事業の分析」

・秋月謙吾(京都大学)「公共事業としての空港:アメリカ合衆国の例を中心として」
・武藤博己(法政大学)「現代イギリス道路行政」
・司会者 橋本信之(関西学院大学)

■ 共通テーマ2 「新保守主義下の行政(二)」

・後 房雄(名古屋大学)「八〇年代の福祉改革における『刷新』と『保守』:再び保育所問題を手がかりとして」
・辻山幸宣(地方自治総合研究所)「八〇年代の国・地方関係:社会福祉事務の団体事務化を素材に」
・司会者 水口憲人(龍谷大学)
・討論者 篠田 徹(早稲田大学)、真渕 勝(大阪大学)

■ 分科会C 「福祉をめぐる政治と行政」

・岩本美砂子(三重大学)「優生保護政策と合法妊娠中絶」
・武智秀之(社会保障研究所)「福祉裁量と行政過程」
・司会者 川崎信文(広島大学)

■ 分科会D 「地方自治の現状」

・蓮池 穣(北星学園女子短期大学)「過疎化と地方自治体:北海道のA市の事例」
・松野光伸(福島大学)「過疎対策と自治体行政」
・司会者 新川達郎(東北学院大学)

 

1993年度研究会・総会(5月15日・16日 立命館大学)

■ 共通テーマ1 「行政学と行政法の対話」(パネルディスカッション)

・パネリスト 佐藤 竺(山梨学院大学)、阿部泰隆(神戸大学)、松下圭一(法政大学)
・司会者 新藤宗幸(立教大学)

■ 分科会A 「行政の制度と改革」

・岡田 彰(法政大学)「占領政策と日本官僚制―吉田内閣の行政整理―」
・北山俊哉(関西学院大学)「新しい制度論の展開―日本的統治構造の考察―」
・司会者 大山耕輔(筑波大学)

■ 分科会B 「地域振興とまちづくり」

・堀 雅晴(島根大学)「地域振興と第三セクター」
・大塚祚保(流通経済大学)「まちづくりと市民」
・司会者 秋月謙吾(京都大学)

■ 共通テーマ2 「現代都市と都市計画の可能性」

・北原鉄也(愛媛大学)「都市計画の現状とその可能性」
・福岡峻治(東京都立大学)「都市計画と『住宅行政』―東京都住宅マスタープランの策定過程を事例として」
・司会者 橋本信之(関西学院大学)
・討論者 中邨 章(明治大学)、佐々木信夫(関西学院大学)

■ 分科会C 「東京市政の改革」

・鍛冶智也(明治学院大学)「東京の市政改革」
・小原隆治(成蹊大学)「戦前東京市の政治・行政と制度改革」
・司会者 辻 隆夫(早稲田大学)

■ 分科会D 「地方財政と地域開発」

・白石克孝(龍谷大学)「地域開発論の課題を探る―フォード主義的地域開発の展開と内発的発展論―」
・金井利之(東京都立大学)「地方財政調整と地域開発」
・司会者 今里 滋(九州大学)

 

1994年度研究会・総会(5月14日・15日 法政大学)

■ 共通テーマ1 「省庁組織の編成と変動」

・橋本信之(関西学院大学)「組織の編成の理論と行動の理論」
・真山達志(同志社大学)「省庁組織編成におけるシンボルと機能性」
・司会者 今里 滋(九州大学)
・討論者 増島俊之(総務庁)、村松岐夫(京都大学)

■ 分科会A 「多元的システムにおける管理・調整」

・城山英明(東京大学)「国際行政におけるセクター間行政」
・岡本哲和(関西大学)「アメリカ連邦政府における情報資源管理政策」
・司会者 廣瀬克哉(法政大学)

■ 分科会B 「土地と住宅をめぐる政府間関係」

・谷 聖美(岡山大学)「住宅政策をめぐる国家と自治体」
・磯崎初仁(神奈川県)「土地利用規制行政と自治体-政策の実効と対抗-」
・司会者 西尾 隆(国際基督教大学)

■ 共通テーマ2 「比較の中の地方自治」

・君村 昌(同志社大学)「イギリス地方自治改革とその将来像」
・寄本勝美(早稲田大学)「国際比較としての地方自治-市民、企業、行政の協力をめぐって-」
・司会者 森田 朗(東京大学)
・討論者 遠藤文夫(東海大学)、村上 弘(立命館大学)

■ 分科会C 「日本官僚制の分析」

・佐藤 満(立命館大学)「政策決定モデルの検討」
・牧原 出(東北大学)「『協議』の研究」
・司会者 真渕 勝(大阪市立大学)

■ 分科会D 「地方自治における政治と政策研究」

・依田 博(神戸大学)「地方政治家と政党」
・日高昭夫(山梨学院大学)「自治体行政における政策研究と政策形成」
・司会者 辻 隆夫(早稲田大学)

 

1995年度総会・研究会(5月20日・21日 同志社大学今出川キャンパス)

■ 共通テーマ 「地方分権を考える―その理論と実際―」

・岩崎美紀子(筑波大学)「地方分権―理念、理論、現実―」
・佐々木信夫(中央大学)「地方分権改革の政治過程」
・西尾 勝(東京大学)「分権の推進方策―残された課題―」
・司会者 新川達郎(東北大学)

■ パネルディスカッション 「地方分権の現状と課題」

・討論者 並河信乃(行政国民会議事務局長)、?村純一(掛川市長)、矢野浩一郎(市町村アカデミー学長)、勝浦範子(住民運動リーダー)、水口憲人(龍谷大学)
・司会者 寄本勝美(早稲田大学)

■ 分科会1 「民営化と規制緩和」

・松並 潤(大阪学院大学)「民営化・規制緩和の日米比較―航空業を例として」
・飯尾 潤(埼玉大学)「民営化論の射程―国家と社会の関係についての展望―」
・司会者 君村 昌(同志社大学)

■ 分科会2 「福祉政策の現状と再検討」

・藤井浩司(龍谷大学)「現代ニュージーランドにおける福祉体制の再構成」
・木原佳奈子(熊本県立大学)「市町村における福祉政策ネットワークの構造と動態―高齢者福祉改革をめぐって―」
・司会者 武智秀之(東京都立大学)

■ 分科会3 「行政統制と情報政策」

・風間則男(近畿大学)「行政統制と情報理論」
・田島平伸(國學院大学)「高度情報化と行政」
・司会者 北原鉄也(愛媛大学)

■ 分科会4 「福祉・女性政策における権利と参加」

・衛藤幹子(法政大学)「福祉政策における受益者の参加―『陳情』から『政策提言』へ―」
・世登和美(聖カタリナ女子大学)「自治体における女性政策形成の論理」
・司会者 小原隆治(成蹊大学)

 

1996年度研究会・総会(5月18日・19日 山梨学院大学)

■ 共通テーマ1 「”行政”観の歴史的変遷」

・手島 孝(熊本県立大学)「行政観と行政史観」
・辻 隆夫(早稲田大学)「イギリス行政観の伝統と変遷」
・討論者 真渕 勝(大阪市立大学)、後 房雄(名古屋大学)
・司会者 廣瀬克哉(法政大学)

■ シンポジウム「災害と行政―阪神大震災から考える」

・パネリスト 溝橋戦夫(神戸市総務局秘書室)、真山達志(同志社大学)、福岡峻治(東京都立大学)、高寄昇三(甲南大学)
・司会者   新川達郎(東北大学)

■ 共通テーマ2 「行政の透明性」

・荒木昭次郎(東海大学)「市民行政スタイルの政策過程―住民参加手続の制度化をめぐって―」
・山下 淳(神戸大学)「行政手続法と行政の公開」
・討論者 増島俊之(中央大学)、竹下 譲(神奈川大学)
・司会者 今村都南雄(中央大学)

■ 分科会1 「アジア諸国の比較行政」

・大西 裕(大阪市立大学)「国家建設と住民把握―日本と韓国における住民把握制度形成について」
・趙 元済(北九州大学)「韓国における行政の民主的統制に関する一考察」
・司会者 今里 滋(九州大学)

■ 分科会2 「市政改革の歴史的再検討」

・千草孝雄(高岡法科大学)「市政改革運動研究の現代的課題」
・進藤 兵(名古屋大学)「大衆社会移行期の都市レジームの変動―東京・1928年~1956年―」
・司会者 秋月謙吾(京都大学)

 

1997年度研究会・総会(5月17日・18日 島根県民会館)

■ 共通テーマ1 「行政責任の明確化―レスポンシビリティとアカウンタビリティ」

・片岡寛光(早稲田大学)「行政責任の状況と行政改革」
・西尾 隆(国際基督大学)「行政のアカウンタビリティとその内在化―統制『制度』の発達と行政官の決断―」
・小坂紀一郎(千葉経済大学)「行政責任の明確化と行政学の責任」
・討論者 佐藤 竺(駿河台大学)、田中一昭(行政改革委員会事務局長)
・司会者 森田 朗(東京大学)

■ 韓国行政学会代表・特別講演

・講演者 金 晩基(Mahn-Kee Kim, President , KAPA) “An Approach t・the Comparison of Administrative Cultures of China, Japan and Korea”
・司会者 増島俊之(中央大学)

■ 分科会A 「行政学の再構成―日本行政学の課題」

・原田 久(熊本県立大学)「政策ネットワーク論における〈政策〉・〈制度〉・〈管理〉」
・建林正彦(関西大学)「合理的選択制度論と行政研究」
・司会者 縣 公一郎(早稲田大学)

■ 分科会B 「人事・公務員制度再考」

・稲継裕昭(姫路獨協大学)「日本の公務員制度再考―部内均衡重視型の人事給与システム―」
・岡田 彰(拓殖大学)「定員管理―いわゆる『総定員法』について―」
・司会者 穴見 明(大東文化大学)

■ 共通テーマ2 「自治体と自己決定責任―分権・市民・政策」

・富野暉一郎(島根大学)「市民参加と市民投票―ポスト・シャウプ分権における直接民主主義と公・共・私型社会―」
・武智秀之(東京都立大学)「福祉政策と自己決定」
・天野巡一(武蔵野市)「自治体計画と政策責任」
・金 秉準(Byong-Joon Kim, Kookmin University) “An Evaluation of the Performance of Korean Local Councils: Reasons for Poor Achievement”
・討論者 吉塚 徹(島根大学)
・司会者 神原 勝(北海道大学)

■ 分科会C 「都市制度の課題と改革」

・金井利之(東京都立大学)「オランダにおける都市制度問題」
・江藤俊昭(山梨学院大学)「都市内分権の現状と課題」
・司会者 村上芳夫(北九州大学)

■ 分科会D 「一九八〇年代の制度改革の潮流」

・大杉 覚(成城大学)「日本型福祉国家再編の政策過程―医療制度改革をめぐって―」
・毛 桂榮(明治学院大学)「総合調整と制度改革」
・Jong-So・Lee(Hansung University) “A Study on the Administrative Reforms in Korea”
・司会者 牧原 出(東北大学)

 

1998年度研究会・総会(5月30日・31日 神奈川大学)

■ 共通論題1-1 「日本の行政改革―ガバメントからガバナンスへ」

・今村都南雄(中央大学)「中央政府の行政改革」
・真渕 勝(大阪市立大学)「行政改革と行政変化」
・今里 滋(九州大学)「行政改革と公務倫理―内なるガバナンスの構築へ向けて―」

■ 共通論題1-2 第二部 討論

・報告者 今村都南雄(中央大学)、真渕 勝(大阪市立大学)、今里 滋(九州大学)
・討論者 伊藤大一(政策研究大学院大学)、田辺国昭(東京大学)、後藤仁(神奈川大学)
・司会者 中邨 章(明治大学)

■ 共通論題2 「政策、行政と行政学―学際的視点から」

・小西砂千夫(関西学院大学)「公共経済学・財政学研究における行政学との接点について―政府活動の根拠、国と地方の関係、予算制度―」
・北村喜宣(横浜国立大学)「規制行政過程と行政法学」
・久米郁男(神戸大学)「行政制度と政策―機関委任事務制度を手がかりに―」
・討論者 君村 昌(同志社大学)、水口憲人(立命館大学)
・司会者 穴見 明(大東文化大学)

■ 分科会A 「住民自治の制度―公開と参加」

・島袋 純(琉球大学)「リージョナリズムの勃興―周辺地域・民族の権力参加の制度化―」
・昇 秀樹(名城大学)「参加民主主義の可能性と留意点」
・司会者 縣公一郎(早稲田大学)

■ 分科会B 「公務員制度の起源と展開―イギリスの場合」

・井上 洋(群馬大学)「公務員制度改革歴史的文脈―19世紀イギリスの場合」
・西村美香(成城大学)「New Public Managementとイギリス公務員制度改革」
・司会者 北原鉄也(愛媛大学)

 

1999年度研究会・総会(5月22日・23日 熊本県立大学)

■ 共通論題1 「公共事業:政治と行政」

・武藤博己(法政大学)「公共事業と分権委五次勧告」
・秋月謙吾(京都大学)「新しい行政管理手法と公共事業」
・討論者 橋本信之(関西学院大学)、新藤宗幸(立教大学)
・司会者 真渕 勝(大阪市立大学)

■ 分科会A 「比較政府間関係論」

・北村亘(甲南大学)「一般交付金総額決定をめぐる政治過程:地方税財政制度の日英比較」
・曽我謙悟(大阪大学)「地方政府と社会経済環境:日米比較の視点から」
・司会者 大杉覚(成城大学)

■ 分科会B 「NPOと行政の新展開」

・牛山久仁彦(愛知大学)「地方政府におけるNPO活動支援の現状と課題」
・前田成東(山梨学院大学)「行政組織と民間非営利組織」
・林 承杉(韓国行政研究院)「韓国NGOの政策決定過程における新しい役割」
・司会者 牧原 出(東北大学)

■ 共通論題2 「公共事業:評価と政策」

・五十嵐敬喜(法政大学)「公共事業の論点」
・石川雄章(建設省道路局企画課)「道路事業における評価システムの概要-導入までの経緯・基本的枠組みこれまでの実績と今後の課題」
・司会者 北原鉄也(愛媛大学)
・討論者 大森 彌(東京大学)、片岡 勒(熊本県立大学)、有吉範敏(熊本大学)

■ 分科会C 「行政と議会-国際比較分析」

・朴 在昌(淑明女子大学)「国会国政監査の運営実際と機能的座標」
・大山礼子(聖学院大学)「議員内閣制と行政統制-国際比較-」
・待鳥聡史(大阪大学)「立法システムの変容と行政改革-1970年代以降のアメリカを中心として-」
・司会者 岩崎美紀子(筑波大学)

■ 分科会D 「都市の管理と政治」

・外山公美(日本大学)「シティ・マネージャーによる都市の行政管理」
・日詰一幸(静岡大学)「ニューヨークの構造転換と市政-「世界都市」の政治的行政」
・司会者 小池治(横浜国立大学)

Copyright© 2011-2019 The Japanese Society for Public Administration. All Rights Reserved.