『年報行政研究』(1970-1979)

 

1979年1978年|  1976年1975年1973年1972年1970年

 

『年報行政研究14』(1979年)

「地方自治の三十年」

〈論説〉

日本の戦後地方自治に関する再検討 ……… 河中二講  
地方制度調査会の歩み ……… 荻田 保  
地方自治体の機能的変化-回顧と展望- ……… 田中 守  
首長主義の意義と限界 ……… 沖田哲也、中邨 章  
地方議会と首長との関係-その現実と問題点- ……… 末本徹夫

〈研究〉

クロスマンとダブル・クロスマンシップ
-『クロスマン日記』と閣僚の役割- ……… 水谷三公  
アメリカにおける参謀部創設の意義
-現代的文民統制の形成- ……… 金 龍瑞


↑ ページのトップへ

『年報行政研究13』(1978年)

「行政の責任領域と費用負担」

〈論説〉

行政改革の動向と課題 ……… 八木俊道  
行政の守備範囲としての公的負担システム ……… 斎藤達三  
地方自治体における政策形成と守備範囲 ……… 江口清三郎  
役割相乗型の行政を求めて
-新時代における行政と市民の課題……… 寄本勝美

〈書評〉

片岡寛光著『行政国家』 ……… 新藤宗幸  
村松岐夫編『行政学講義』 ……… 中村陽一

↑ ページのトップへ

『年報行政研究12』(1976年)

「社会変動と行政対応」

〈論説〉

行政需要概念の再構成 ……… 西尾 勝  
政策アウトプット分析の分析概念 ……… 新藤宗幸  
転換期の地方財政 ……… 石原信雄  
事務配分と経費配分について ……… 加藤一明  
区長公選制の復活と特別区の自治 ……… 高木鉦作  
転換期の行政 住民参加と区政 ……… 中野嘉一

〈書評〉

渓内謙・阿利莫二・井出嘉憲・西尾勝編『現代行政と官僚制』上・下 ……… 片岡寛光  
西尾勝著『権力と参加』 ……… 寄本勝美

↑ ページのトップへ

『年報行政研究11』(1975年)

「行政における組織と人間」

〈論説〉

組織研究の基礎前提と主要動向 ……… 今村都南雄  
組織外的制裁に依存する行政体質
-法学的情報を素材として- ……… 伊藤大一  
行政組織における管理職と労働組合
-中小革新市政の場合- ……… 門間董吉  
住民運動と行政組織 ……… 佐藤文男  
住民運動と公務員の対応 ……… 岩下維亮  
総定員法 ……… 米倉 輝  
イギリス公務員制度改革のー論点
-スペシャリストとジェネラリストの関係- ……… 君村 昌  
公社組織の指導理念の検討
-公共性と企業性のメカニズム- ……… 寺戸恭平

〈特別講演〉

行政学の回顧と展望 ……… 蝋山政道

↑ ページのトップへ

『年報行政研究10』(1973年)

「政策決定と公共性」

〈論説〉

第一部 政策決定と公共性
現代行政における「公共性」の問題 ……… 長浜政寿  
公共性と選択-政治的交換のパラダイムを通じて ……… 片岡寛光  
議会と行政-アメリカ合衆国を中心として ……… 柴田敏夫  
行政と裁判所 ……… 室井 力  
環境をめぐる政策決定過程 ……… 河中二講  
都市計画の決定過程における住民参加
-市街化区域及び市街化調整区域に関する都市計画を例として ……… 石田頼房  
福祉政策と市民参加
-社会福祉行政における「参加」の諸形態と機能 ……… 高沢武司 第二部 研究動向  
行政学にたいするブロフェショナル・アプローチ-アメリカ行政学の一動向 ……… 大森 彌  
政治学における行政部研究の位置づけ ……… 根岸 毅  
田村徳治博士の行政学 ……… 吉富重夫

〈書評〉

足立忠夫著『行政学』 ……… 手島 孝

↑ ページのトップへ

『年報行政研究9』(1972年)

「行政計画の理論と実際」

〈論説〉

第一部 行政計画の理論
行政と計画-その問題状況の素描-  ……… 西尾 勝  
日本における行政計画の展開-概念と実態- ……… 吉富重夫  
行政計画に関する一考察 ……… 小島 昭  
行政計画―意思決定と戦略 ……… 中村五郎  
行政計画と情報 ……… 池野 武

第二部 行政計画の実際
開発計画の局面に現われた組織の同調関係
-北海道開発計画の場合- ……… 伊藤大一  
シビル・ミニマム達成のための計画策定過程
-東京都中期計画の場合- ……… 大森國裕  
岡山県県勢振興計画の策定と実施上の問題点 ……… 早瀬 武  
革新市政と行政計画-旭川市の事例研究- ……… 横山桂次、中村陽一  
住民参加の一実験-武蔵野市の事例- ……… 佐藤 竺  
学校公園構想とその周辺 ……… 桜井宗男、大河原徳二、児島雄次

〈書評〉

佐藤竺著『日本の地域開発』 ……… 河中二講  
井出嘉憲著『行政広報論』 ……… 大河内繁男  
手島孝著『現代行政国家論』 ……… 山崎克明  
F.F. Ridley ed., Specialists and Generalists ……… 渡辺保男

↑ ページのトップへ

『年報行政研究8』(1970年)

「現代行政の実践課題-予算・管理・市民参加-」

〈論説〉

予算における意思決定の理論 ……… 小島 昭  
予算改革論と「政治と行政」問題 ……… 加藤芳太郎  
地方自治体における計画と予算
-東京都とニューヨーク市の実際からみた考察- ……… 野村鋠市  
行政のコンピュータリゼーション ……… 池野 武  
地方公共団体における住民参加の諸問題
-特に広報・公聴活動を中心として- ……… 加藤富子  
市民の行政参加とその問題 ……… 大石賢治

〈書評〉

F・E・ルーク著『官僚制・政治・公共政策』 ……… 中村陽一

↑ ページのトップへ

Copyright© 2013-2018 The Japanese Society for Public Administration. All Rights Reserved.